Menu

病気と治療について
Illness and treatment

統合失調症
Schizophrenia

統合失調症とは?

統合失調症は考えや行動がまとまらない状態が続く脳の病気です。性別関係なく、思春期から40代までに発症しやすく、約100人に1人がかかると言われており、決して珍しい病気ではありません。

発症の要因は?

統合失調症の原因は明らかにはなっていませんが、複数の遺伝要因と様々な環境要因が組み合わさることで発症すると考えられています。

どのような症状ですか?

統合失調症の症状の基盤は「自我障害」にあると考えられています。「自我障害」とは、自分と他人の区別が曖昧になることで、本来は自分のものであるはずの考えや気持ちが、他人のものになってしまうことを指します。
統合失調症の発症前には、「何が起きているか分からないが、どこか不安だ」といった漠然とした不安感が生じ、次第に「家の前に止まっている車は自分を監視するためではないか」「電車で自分の前に座った人が咳をしたのは、何かのサインではないか」など、周囲の環境や他人の言動が自分に関係しているのではないかと疑念を抱くようになります。また、頭の中にたくさんの雑念がわきはじめ、次第にそのような雑念が自分のものなのか、他人のものなのかが区別できなくなっていきます。
これらが統合失調症の「陽性症状」である幻覚・妄想に発展していきます。

統合失調症の症状には、通常ないものが現れる「陽性症状」、通常あるものが失われる「陰性症状」、「認知機能障害」があります。急性期には「陽性症状」が中心となりますが、未治療のまま経過したり、再発を繰り返すことによって「陰性症状」や「認知機能障害」が目立つようになってくるため、早期診断・早期治療・再発予防が重要です。

陽性症状

  • 幻覚
    もともと自分の頭にわいてきた雑念が、外から聞こえるようになる(幻聴)
    *悪口、命令、複数人の会話が聞こえることが特徴的
    他人によってさせられている、あるいは他人から攻撃を受けているために異常な身体感覚が生じる(体感幻覚)
    「身体をあやつられている」「身体に電磁波を流されている」など
  • 妄想
    漠然とした不安感や自分に関連付けた事象についての疑念を確信する
    「嫌がらせをされている」「盗聴されている」「ネットで自分の話題が広まっている」など
  • まとまりのない発語
    考えがまとまらなくなるため、脈絡のない発語になり、会話が成り立たない
  • まとまりのない行動
    突然笑い出したり(空笑)、突拍子もない行動をとる

陰性症状

  • 感情の平板化(感情鈍麻)
    喜怒哀楽の表出が乏しく、他者への共感が欠如している
  • 無為・自閉
    自発的に何かをする意欲に乏しく、他者とのコミュニケーションを避け引きこもる
  • 意欲の欠如
    自発的に何かを行おうとする意欲がなくなってしまうこと。また、いったん始めた行動を続けていくことができなくなる。
  • 自閉(社会的引きこもり)
    自分の世界に閉じこもり、他者とのコミュニケーションを取らなくなること。

認知機能障害

  • 記憶力、注意・集中力、判断力が低下する

治療方法は?

治療方法は?

統合失調症の治療は、薬をつかった治療(薬物療法)と、専門家と話をしたりリハビリテーションを行う治療(心理社会療法)を組み合わせて行います。
急性期には薬による治療が基本になりますが、急性期・休息期を脱し回復期に入ると、薬と精神科リハビリテーションを組み合わせることが効果的といわれています。
統合失調症は一日も早く治療を開始したほうが病気の回復が早く、症状も軽くてすみます。


Deprecated: PHP Startup: Use of mbstring.internal_encoding is deprecated in Unknown on line 0